セローに、POSH(ポッシュ)マシンドオイルフィラーキャップを装着

以前乗っていた、2008年型のセロー250Sで高速走行中にオイルフィラーキャップが外れる
トラブルがあってから、純正オイルフィラーキャップを交換したいけど、ちょっと怖いというのが
ありまして、FINAL EDITION買ってから見送っていました

セローに合うやつで(M20 P1.5サイズ)唯一ライムグリーンを出していた、POSHマシンドオイル
フィラーキャップが、ついに生産終了との事なので思い切って購入してみました
それがこちら
POSH マシンドオイルフィラーキャップ PARTS-NO 500001-28 M20xP1.5 ←Amazonに飛びます
色がとっても綺麗ですよね~

以前は3千円以上してましたけど、製造終了になったからなのか急に価格が2千円台に落ちてました
わたしが購入した時には、¥2,310でしたから

まだ、流通在庫はあるようなのでセロー250でグリーンのオイルフィラーキャップを探している方は
在庫がある内にお急ぎを(笑)

本当は純正と同じ形状のものを探していたのですが(この形状開けにくいので)M20-P2.5は
いくらでもありますが、ライムグリーンのM20-P1.5はほぼ無いのですよ(あっても高い)
ちなみに、NINJAはM20-P2.5サイズなので、これだとライムグリーンは山ほど出てます

パッケージを見ると、ヤマハのセロー系かスズキのバイクが適用サイズになっていますね

中身はこんな感じ
オイルパッキンは細いものと太いものが同梱されています
ライムグリーンなので少しセローのグリーンよりは薄めですかね
でもソリッドカラーではなく、メタリックなので高級感はあります

純正オイルフィラーキャップはM14のボルトタイプで、シルバー塗装なので目立ちません
まあクランクケースと一体感重視って感じですね(目立たなくしてる?)
POSHのオイルフィラーキャップを付けたところ
かなり目立ちますね~、というか若干浮いてますね(笑)
もう少し濃い緑だとフレームの色と近くなって一体感が出るんですが、まあライムグリーンなので
これ、実際には写真より少し濃いメタリックグリーンです(写真だと明るく写るんです)
純正オイルフィラーキャップとの比較
パッキンは純正と同様の細い方を付けています
純正品の方がネジの長さが長くなっていますから、より外れにくくなってる感じ?

まあ、普通は簡単に外れる部品ではないのですが、出掛ける前には点検が必要ですね
結構目立ちますね
POSHの説明書には工具で締め付けないで下さいと書いてあったので、手で固めに締めています
一応、まさかの時用に純正オイルフィラーキャップは工具バックに放りこんでおきました
外れ防止用にワイヤーを通す穴があるので、ワイヤーも掛けようかな ←心配性なので(笑)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • うんうん!!
    そんなアクシデントがありましたね~
    綺麗な色してるし目立つから大丈夫とは思うけれど・・
    手締めで大丈夫なの??
    傷がつかないようにとの配慮なんでしょうが・・ちょっと怖い気がする(;´・ω・)
    モンキーのサスナットが落下するまでわからない私が言うのもなんだが(笑)・・
    こまめなチェックしてくださいね~(#^.^#)

  • makiさん>
    さすがに手締めだけでは心配なので、DRCのセーフティワイヤープレートとステンワイヤー手配しました
    ケースのボルトにプレートを付けて、ステンワイヤーを捻って回り止めにするやつです
    レーシーな雰囲気になるのも良いかなと
    オイル交換の時にいちいちワイヤー外すのが面倒ですけどね(笑)

コメントする

目次