セローにグリップヒーターとETC装着

本日土曜日の天気は雨
なおかつ、午後から用事があるので午前中から新型セローの電装品類の取り付け作業を行います
まずはグリップヒーターの取り付けから
せっかくツーリングセローを購入したので、林道専門ではもったい無いので、より快適にツーリングを快適に走れる様にと
DSCN4163.JPG
今回用意したのは、ワイズギア純正グリップウォーマー360A
あと、ツーリングセロー仕様でハンドガードを付けている場合、アクセル側だけコーンエキスパンダー(スペーサー)の長いやつが必要になります(もともと付いているものと交換)
DSCN4166.JPG
上の写真が、グリップウォーマーA360の構成パーツ一式となります
説明書も入っていますが、A4サイズでは無かったのでネットでDLして印刷しなおしました(字が小さいのよ)
今回、一緒に旧セローで使用していたETCとワイズギアの電源サブハーネスキット Q5K-YSK-063-U01も一緒に取り付けます
カバー類をすべて外して丸裸にした状態です
こうやって見比べると、タンクとフレームの緑色がかなり違います

左右の書類入れには、純正PIAAフォグとPIAAのヘッドライト用コントローラ、さらにはデイトナのツインUSBソケットが付いているので配線類がかなり煩雑な感じで収まっています(写真だとあまりそう見えませんが)
DSCN4170.JPG
作業の途中は、結構大変でしたので写真撮る事も忘れてやってました
上の写真は、最後に左側書類入れに配線類とコントローラをまとめて入れたところです
PIAA製LEDヘッドライトバルブのコントローラ(意外と大きい)が鎮座しています

USB電源ソケットの配線がバッテリー直で適当な感じでしたので(線細いし)、汎用ハーネスキットから取る様に変えています
PIAA製フォグ、PIAA製LEDヘッドライトバルブキット、ETC、グリップヒーター、USB電源と電装品オプションがてんこ盛りですから、当然ながら配線もこうなりますよね~
DSCN4172.JPG
ETCも移設完了です
本当は納車時に一緒に取り付けて貰おうと思っていたのですが、持ち込みだと別工賃が掛かるとの事で自前で作業しました
上の写真が、作業前のバッテリー回り
そこそこいろいろ付いてます
DSCN4176.JPG
すべて取り付け後の写真
配線の取り回しをすべてやり直ししないと、さすがにリレーとヒューズが何個も増えているので収まりませんでしたね
それに、この配線ここ通します? なんてのもあったりして、やりなおしに時間が掛かりました

あと、グリップヒーター360Aは、ヘッドライトリレーから電源を取る様に説明書に書いてあったので、指示通りにリレー端子から端子を抜いて接続しました
端子外しを買ってあったので、今回役に立ちましたよ
ちなみに、新型セロー(2018年式以降)に追加されたOBDⅡ用接続プラグ
ECUから各種データを読み込む時に使用するものです

自動車用だとOBDⅡに接続して回転数や燃料消費量なんかのデータを表示する機器が出ていますけど、今のところセローに接続して使えるものは出てないみたいです(3極プラグだし)
ここから回転数が取れると、正確なタコメーターになるんですけどね~
DSCN4177.JPG
右側の工具入れには、LEDヘッドライト用のコントローラが入っていましたけど、すべて左側の書類入れに統合したので、車載工具が右側に入る様になりました
まあ、純正車載工具をつかわないと思いますけど、最低限の工具って事で一応入れておきます(工具忘れ時用ですね)
それと、汎用ハーネスがあと1口空いているので、ウィンカーのスモール化計画があるのでその時に使えます
DSCN4179.JPG
作業が終わって、試しにナビをアドベンチャースクリーンのバーに装着してみました
ハンドルと違い、ナビの位置がかなり高くなるので視認性は抜群ですね
最近スマホナビの方が増えてますが、個人的にはナビ専用機派です(山奥の電波受信出来ないところでも使えるので)

それと、PIAA製フォグのスイッチも右側に付いていたので左側に移設しました
右側はスロットル操作に集中したいですからね~
DSCN4183.JPG
新型セローにグリップヒーターが付いたので、寒い日でも快適に走れる様になりました
純正のグリップと比べると、なんかつるっとした印象ですが、ゴムの材質が違うのか意外と滑りにくいです
DSCN4184.JPG
USB電源ソケットは、ハンドルに付いていたものをバーに集約してます
DSCN4182.JPG
忘れずに、ワイドフットペグに交換
こんなところも、フレームの緑色が綺麗ですね
DSCN4180.JPG
ノーマルシートをツーリングシートに交換して、ツーリング仕様の完成です
早く走りに行きたいですね (^_^)b
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 私がセローに乗ってた時のETCは外付けじゃなかったので書類入れと工具入れが補器類でいっぱいでした。
    工具は必要なものだけを林道に行く時だけ持っていきました。
    装備はETC,グリヒ、フォグ、LEDヘッドライトだったのでおざさんとほぼ同じ電装品でした。
    そうなると配線がどうしてもステム周りに集中してしまい・・・
    ハンドルストッパーに配線が噛んでしまいショート&ヒューズ切れを起こしたことがありました。
    その時は原因が分からず自宅に何とか自走して配線を確認したらそういう事でした。
    群馬はもう山は危ないから行けそうもないけれど、首都圏ならまだまだ楽しめそうですね(*^。^*)

  • makiさん>
    このバイクを受け取った時には、配線がかなり適当で取り回しも良く無かったので、すべてやりなおしました
    基本的にステム回りは左右に振り分けて、タンク下で統合
    コントロール系と余り線はすべて左側書類入れにまとめてあります
    以前のセローに比べて、純正配線類がスッキリしているので特にタンク下は比較にならないほど空いてます(笑)
    なので、以外と配線まとめるのはやりやすかったです
    以前のセローはタンク下が純正配線だけでギチギチでしたからね
    付いていたLEDヘッドライトですけど、今日のツーリングで使った感じでは余り明るく感じなかったので、HIDに換装しようかなと思っています
    そうなるとさらに配線が増えますね(笑)

コメントする

目次